誕生石

1月ガーネット 意味:真実・友愛・忠実
2月アメシスト  誠実・心の平和
3月アクアマリン・ブラッドストーン・サンゴ  沈着・勇敢 ・聡明
4月ダイヤモンド  清純無垢
5月エメラルド・ヒスイ  幸運・幸福
6月ムーンストーン・真珠(パール)  健康・富・長寿
7月ルビー  熱情・仁愛・威厳
8月ペリドット・サードニクス  夫婦の幸福 ・和合
9月サファイア  慈愛・誠実・徳望
10月オパール・トルマリン  歓喜・安楽・忍耐
11月トパーズ・シトリン  友情・希望・潔白
12月トルコ石  成功

誕生石を身につける習慣が初めて広まったのは18世紀のポーランドで、移住してきたユダヤ人の宝石商が仕掛け人と言われているようです。

宝石のお手入れについて

デリケートで取り扱いに注意しなくてはいけない宝石といえば、パール(真珠)が厄介です。 化粧品やヘア剤どころか汗などにも弱いので使用後は柔らかい布なので、汚れをふき取る必要性があります。 逆に強いのがダイヤモンドやルビー、サファイヤなど。衝撃には弱いので、そこは注意しないといけませんが。 宝石によって、色々特徴があるので宝石ごとに調べてみると大変勉強になりますよ。

ルビーについて

ミャンマー、スリランカ、タイなどアジアで産出されます。特にミャンマーでは高品質のものが産出され特にビジョン・ブラッドと言われる内包物が少なく輝きの強い鮮やかな赤色が最高のものとされ有名です。産地によって色が違うこともルビーの特長で評価が高いのは色むらのない、わずかに紫を含んだ鮮明な赤色が最高とされてます。ルビーはダイヤモンドよりも大きなものが稀少で価値が高い宝石です。

サファイアについて

サファイアは青い石だと思われてますが、実は色々な色があります。紅いものがルビーと言われますが他の色は全てサファイアというくくりとなります。チェックポイントは色・内包物・輝きの3点でルビーやエメラルドと変わりはありません。産地はカシミール産がサファイアの王様と言われますが今は採掘されることはなく、ミャンマーやスリランカ、タイなどが有名です。

エメラルドについて

チェックするポイントは第一に色合い。エメラルドは一般的にオイルで処理されておりますが現在は認容されていないような処理を行っているものもありますので鑑別書などで確認いたしましょう。エメラルドの産地はコロンビアが多く、国というよりは鉱山で特徴があるようです。ムゾー鉱山やピタ鉱山のものが高品質で有名です。 エメラルドは割れやすく、デリケートな宝石なので扱いには要注意です。