ジュエリーの素材について

プラチナ
日本で大人気のプラチナ。世界一の消費国とも言われております。プラチナもゴールド同じく大変柔らかい金属なので一般的には他の金属を混ぜて素材として使用されます。プラチナを使用した代表的なジュエリーといえば、婚約指輪。プラチナの台座にダイヤモンドのイメージが根付いており、実際に購入されるのもこの組み合わせが大半です。大変高価な金属なので安くは無いジュエリーの素材に使われております。

ゴールド(金)
ジュエリーと言えば、ゴールドと思うほど代表的な素材です。シルバーに比べると高価ですがプラチナよりは安価です。 ゴールドは大変柔らかく傷がつきやすい素材です。そのため18金と言われる純度を下げたものがジュエリーによく使われます。 イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなど他の金属を混ぜて色を変えたものもあり、ジュエリーに頻繁に使われる素材です。

シルバー(銀)
お手頃な価格で人気のシルバー。シルバーアクセサリーは大変人気ですがジュエリーとしてはあまり取り扱いは無いと思います。 銀は「硫化」「塩化」して色が変色しやすいので注意しましょう。温泉などには外して入りましょう。

チタン
金属アレルギーの症状が出にくい素材でピアスなどで人気があります。近年は結婚指輪でチタンが使われているものも販売されており ジュエリーでも一般的な素材になってきております。