ネックレス

指輪に次いで、幼いころから興味を持つジュエリーでは無いでしょうか?
実はネックレスが最も早い時期に着けられたジュエリーでお守りとして着けられました。 日本においても冠婚葬祭等ではパール(真珠)のネックレスが一般的となっておりますし
生活にも結びついているジュエリーだと思われます。

ネックレスは全体的なバランスを求めるジュエリーで、服を着て全身鏡などでコーディネートすると良いでしょう。
チェーンの種類や長さで全然雰囲気が違いますので、その辺りも考慮して決定しましょう。

ネックレスのチェーンの種類

あずきチェーン
スクリューチェーン
ボールチェーン
スネークチェーン
喜平チェーン
フィガロチェーン
ベネチアンチェーン
ツイストチェーン

ネックレスの長さ

チョーカー(35cm)
プリンセス(40〜43cm)
マチネー(53cm)
オペラ(71cm)
ロープ(107cm)

首にあわせて選ぶネックレス

太く短い首の方は首とネックレスとの間に空間をつくってバランスをとるのがオススメです。短すぎると首元が詰まって見え、より太く見えます。細くて長い首の方は2連などボリュームのあるネックレスを付けるとバランスが良くなります。